高価なワケ

幸福感や自信を与えると言われるローズ・アブソリュートは、キャベッジローズという薔薇から溶剤抽出法で得られる精油です。

溶剤抽出法とは、精油の作り方の一つで、揮発性の高い溶液に植物を付け込んで芳香成分を溶かしむ方法です。溶液を揮発させて残った固形物を再度アルコールで溶かして冷却し、成分を分離してとりだしています。熱や圧力を加えないので、自然のままに近い繊細な香りをそのまま取り出せるのが特徴です。また、低温になると固まる性質も持ち合わせています。ただ、わずか1滴のオイルを抽出するのにバラの花が1kg必要ともいわれるほど、微量しかとれないため、非常に貴重で高価な精油です。

そのローズ・アブソリュートはホルモンバランスの調整や肌のバランス調整、若返り、不眠、リラクセーションなど多岐にわたっており、優雅で甘い香りはスキンケアや芳香浴としても、取り入れやすい香りです。

ただ、供給量よりも需要の方が多いので、合成のものもたくさん出回ってしまっているのが現実です。ゼラニウムやパルマローザなどの似た芳香成分を持つ精油を混ぜ合わせていたり、余りに低価格のものは、合成物質で香りを再現していたりします。本物かどうかを見分けるには、ローズの精油として適正な価格で売っているかどうか、低温になると固まるかどうか、この2点で判断するのがいいでしょう。

}PgžxQ

コメントは受け付けていません。