香りを最大限に活かそう

アロマの香りは色々な所で使えます。
その中で芳香というのはアロマテラピーのことを指し、使い方は色々あります。
部屋や浴槽などあらゆる場所で使えます。
では、入浴の際に使う際はどのようにして使えばいいのか、まとめていきます。
お湯の中に入って、自分の好きな芳香で浴室内を満たせれば、それだけで効果はとても高いです。
浴槽いっぱいに広がる芳醇な香りに包まれてるのです。
浴槽だけではなく、肌にも少なからず香りが染み込むので、お風呂上がりでもその香りを楽しむことができます。
使用方法としては、お気に入りの香りを3滴~5滴ほど浴槽内に落とします。
落としたらよくかき混ぜてください。
お湯と香りが混ざり合って、心地の良い空間を作り出してくれるので、リラクゼーション効果、精神効果、肉体面でとても有効的な効果を発してくれます。
効果をより高めるために、お湯の温度にも気遣っていきます。
リラックスしたいときは38度前後のぬるめの温度で、半身浴ならばみぞおちの辺りまでの高さで30~40分ほど浸かります。
心臓への負担を考えると半身浴がいいです。
使った芳香は浴槽内にそのまま置いておくと、湿気に弱いのですぐにダメになってしまいます。
なので、使用したらすぐに浴室内からだし、部屋に置くようにします。

}PgžxQ

 

コメントは受け付けていません。